×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2008年5月の体験記

またまたハワイに行って来ました。晴天は少なかったですが年末よりはかなりましな天候でした。 しかし部分的には乱
気流がひどく、素人の筆者を苦しめることに・・・ただ隣にワシンエアーの方が乗っているので皆さんも御安心下さい。

ワシンエアーさん 新ハンガー(格納庫)&事務所。



今回もワシンエアーさんに御世話になり、体験操縦を行ったのは2時間1本、1時間2本の計3回。  カラエロア飛行
場とノースショアーのディリンハム飛行場でタッチアンドゴ−をやらせていただきました。

今回は初めて18Z(ワンエイトズールー)に乗ります。
なぜか筆者は今まで全て59T

新格納庫から意気揚揚とスタート。ホノルル国際空港のATIS(空港情報)を聞き、クリアランスデリバリーと交信し、レ
ッドヒル3ディパーチャーでのクラスB空域出発の許可を得ます。
そしてすぐホノルルグランドと交信し、ランウェイ4LF(滑走路4LをF誘導路経由で)へのタキシング(誘導路走行)の許
可を得ました。

この動画はマニアック過ぎるので普通の方は見なくていいです
クリアランス・タキシング許可 動画




地上を走行するときは足で左右の舵をコントロールする為操縦桿は動いていません。
実は筆者はRWY4Lからの離陸は初めてです。プロペラ専用っぽいですが2000b強有ります。
ホノルルタワーからRWY4Rの横断許可とRWY4Lに進入し待機の指示が出ました。 昔は「タキシーイントゥポジション
&ホールド」と言ってたものが今は「ラインナップ&ウェイト」に変わりました。 離陸許可は出てないが、滑走路内で待
機せよ、と言う意味です。

           動画(ウィンドウズメディアプレーヤー)
ネイティブの管制無線が雰囲気万点です
滑走路進入動画


今回は離陸動画は割愛します。大して珍しくも無いので・・・。


win10などでは一回目エラーに成るときも有ります。
もう一度やると再生できます。




離陸後は乱気流がひどく、今回のハワイ旅行中は全てこのホノルル国際空港周辺上空で気流の乱れが有りました。ヘ
ッドフォンが天井に当たってしまい、ずれて管制が聞きにくい時もありました。シートベルトを肉に食い込む位締めると
体も安定し、大丈夫になりました。
ただ皆さん、仮にゆれても安全飛行には全く問題有りませんので、気にしないで下さい。








次ページへ続く
NEXTPAGE




ワシンエアーさんホームページはこちら






海外航空券+ホテルがお得!<DeNAトラベル>






つづき

TOP PAGE